ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

水道橋にある あひる 
ここも謎の居酒屋グループのひとつ 
最近は東京に来ると必ずこのグループ店に立ち寄ってしまうw 

ハイボール お茶ハイ 
ツマミはゴーヤちゃんプル 1280円 

この日のお通しはまあまあだった 
とは言え430円は高いけどね 席料と思えば納得 
そしてここはビールやサワーが130円 
もはやこの値段に驚かなくなってきたぞww 
 
ゴーやチャンプルは鉄板で登場
量はたっぷりだけど味は普通 
でもわしの好きな苦いゴーヤだったのでうれしいでし 

しかしこのグループ 
確かに凝った料理や雰囲気を求める人には向かないけど 
飲み物が安くて 食べ飲み放題も3000円ちょいと破格 
そして大箱なのでまず満席ということがなく料理の出もまずまず早い 
料理の味と値段も大手チェーン居酒屋と同等 
とにかくビールをガンガン飲んで
みんなとワイワイって人にはベストな店じゃないかな










門構えが高級っぽくて知らないと入るのに躊躇 
他の店舗みたいにビールの安いチラシが貼り出されていないのでなおさら 
入りにくさでは赤坂のぼんとタメをはるなww
池袋のみつぼにて 
ニラお浸し もつ焼き5本セット 
ホッピーにナカを二杯 1400円ちょい 

江戸川橋 高田馬場 そしこの池袋と三店を展開するみつぼ 
居心地のよさではさすがに江戸川橋が一番だけど 
ここ池袋店も負けていない 

これだけの客をテキパキとさばく接客 
店内はいろんな人種でカオスだけどなんか安心感がある 
そのあたりが女性お一人様も安心して入れるところなんだろうな 

あっさりしみじみと美味しいお浸し 
もつ焼きはハラミ レバー タン チレ アブラどれも旨いわ 
これが単品でも一本100円なんだもんなあ 

なぜか東京に集中しているもつ焼き店 
そのなかでもこのみつぼは間違いなくトップクラス 
名古屋にも早く支店を出してちょ(無理かw) 






東京駅構内ラーメンストリートにある斑鳩  
様子見で基本メニューかつ最安の らー麺とやらを食べてみる 780円 

スープをまずひと口 かなりドロッとしてる 
そしてあんまり旨みが感じられない 
麺も普通な気がした 

わしの口が変に肥えてきたのかなあ 
これだったら一番舎や一陽軒の方がはるかに美味しいと思う 
うむー 少なくともわしの好みではないなあ





新富町のクーリ 
魚ランチとビール 2100円だっけ

ここと三州屋はわしの東京ランチの双璧 
この日の前菜とゆーかサラダは底にあるいつもの肉や魚がなくて 
代わりに一風変わった揚げ物が付いていた 
サーブされるときに「中東風なんたら…」と言っていたけど聞き逃した 

メインのお魚は鯛のソテー 
いやこれも美味しいんだけど 
付け合せの玉ネギが旨すぎてまいるんだよね 
ネットリとして甘味があって 
わし的にはこれをデザートとして食べているのだ 

しかしこのクーリ 
この規模の店としてはスタッフの人数がハンパなく多い 
普通この規模の大きさの店だとキッチンに1人か2人で 
ホール1人ってのが普通なのに 
ここはなんとキッチンに4人(内1人はホール兼任) 
ホール専任が1人とかなり多い 
なるほどこれだけの人手をかけてるからこそ 
あんな手間暇かけた料理をランチに出せるんだろうなあ 








御徒町のふぶきにて 刺身三点盛り 鯨のさえずり 
飲んだのは レモンサワーと日本酒  1400円 

カテゴリーとしては上野の飲み屋に分類する人もいるけど 
御徒町の方がずっと近い 

刺身三点盛り 390円 いつ頼んでも三点じゃないなあw 
モノや質を云々するお方もいるけど 
この値段でそれを言うのは酷ってもんでしょ 
少なくともわしはいつもおいしくいただいてる 
これで不満のある方は単価1万以上のお店に行って下され 

さえずりは初めて食べた 
ネットリとコリコリが合わさった不思議な食感 
そしてお酒とベストマッチ 
やっぱり鯨は日本人の食の原点だな 

いい店だな ふぶき 
海鮮も充実して鉄板料理もいろいろある 
そして昼からやってるって 
飲んべには死角のない店だすん