ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

原宿駅から徒歩5分ほどの熊だ 
そのはずなんだけど竹下通り経由だと10分以上かかるなあw 

センべろセット 1080円 
この日もチンチロリンでゾロ目が出たので点棒を5本いただく 
ありがたやありがたや
ビールと日本酒と酎ハイ 
ありがたくいただいちゃいました 

この日にツマミは 
シラス 筋子漬 イカ干物 
やっぱこの日の白眉はイカさんだな 
こんなのを出されるともうこれでエンドレスに飲めるw 

同系列?な自由ヶ丘にある 波の 
こちらはけっこう地元民の方々に愛されているようで 
いついっても満席が多い 
その点こちらの熊だ狙い目だと思うだす













神楽坂のつじ半にて ぜいたく丼 竹 1480円 

昨夏神楽坂のもオープンしたつじ半 
一回で二度美味しい丼として日本橋の店では連日大行列 

この神楽坂店も味やサービスは変わらず 
日本橋もだけどこれで1500円切りは立地を考えたらバーゲンプライス 
ただ素朴な疑問として 
この店はつじ半のホムペを見ても店舗一覧にでていないのよね 
名前貸しあるいはFCみたいなもんなのかなあ 

とはいえ 日本橋と変らぬ味が
行列とはほぼ無縁で食べられるのはありがたい限りで 
丼を食べた後の茶漬けもまた旨し

ちなみにこの店のあるビルの地下には 
神楽坂屈指の人気店「あげづき」がある 
そんでもってそこの行列はすごいんだなこれがw








原宿にある ふくやにて 乾杯セット 
あとお酒おかわりして おでん追加 1300円ちょい

原宿で降りて竹下通りをやっとの思いで抜け 
明治通りを渡って路地に入ったところにある 
食堂というよりおでん主体の飲み屋さん 

乾杯セットはなかなかよいな 
おでんも普通にうまいしビールによく合う 
追加したタマゴとちくわぶもよし 
なんかほっこりと癒される 

原宿というと若者ばかりでわしみたいなおっさんは排除されそうなんだけど 
それでもこんな店がひっそりといくつかある 
このあたりの飲み屋を探索するのもおもしろそうだ








神楽坂の龍公亭にて 日替わりランチ 1000円 

この地で創業百年以上というこのお店 
でも近年改装してて 
パッと見るとこじゃれたカフェレストランみたい 
入ってみてもオープンキッチンでとてもそんな老舗とは思えない 

日替わりランチ 
神楽坂価格と言うことを考慮に入れるとまあこんなもんか 
でも なんかここは居心地がいい 
一般的な街場の中華というと 
どこか殺伐とした感じがするんだけど 
ここはそんな感じとは無縁 
ちょっとしたホテルの中華料理店で食べてるみたい 

ここは二階席もあって 
神楽坂を見下ろして食事できるので隠れた人気スポットみたい 






東京駅丸の内口 改装工事が終了 

噂によると各国大使が皇居を訪問する際 
公式の行事だとここを馬車で通るらしい 
一度は見てみたいもんだのう