ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

JAXA独自開発ドローン「Int-Ball」が国際宇宙ステーション「きぼう」内を浮遊中



なんで自律移動型のドローンカメラが必要かというと 
実はISSで活動する宇宙飛行士さんは その作業時間の約10%を撮影で消費しちゃうんだって 
さまざまな状況を撮影し、地上の管制官や研究者に確認してもらい
フィードバックを受けるという仕事があまりにもありすぎて 
他の仕事や作業に及ぼす影響が大きすぎる
その時間をできるだけ減らすためドローンカメラを開発し導入したみたい


ふーむ ドローンを無重力状態で制御させるというのがスゴイやね 
技術立国日本 まだまだ捨てたもんではないぞよ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://buhibuhi2734.blog.fc2.com/tb.php/2838-d8bde14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック