ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

平針の一風堂にて 赤丸とライス 1010円だったかな 

数年前はけっこうな頻度で来てたんだよね 一風堂 
リニューアルしたらしい赤丸 
もちろん美味しいし 価格も妥当 
でも週に何回も来ようかな、とまでは思わないのよね~ 

ここもこれだけの規模のチェーンになったんだから 
月イチくらいで限定商品を出してほしいな 
わしはここの味は好きだけど 
赤と白だけだとさすがに飽きる


以外ともうちょっと値段を上げた新商品を出せばおもしろいかも 
1200円くらいの値付けにして 
商品名は「究極の白丸と赤丸」とか 
そんでもってランチタイムはライス無料とか 
河原さん ダメっすか?w




スポンサーサイト
ホッピーにナカを二杯おかわり 
ツマミは鶏肉ゴーヤ和えとサンマ刺身 1430円 

水道橋のスタンドヒーロー 
この界隈の立ち飲みではうけもちと人気を二分する 
うけもちがおひとり様でしっぽり 日本酒と珍味なら 
ここは居酒屋というかパブっぽい 

雑誌やテレビでもたまに取り上げられるみたいで 
実際前回は満席で入れなかった 

サンマも鶏和えもきちんと作ってあって 
なにより接客がなかなかよい
店員さんは笑顔を絶やさずにキビキビと動いてるし 
厨房の人も無駄口たたかず働いてる 
そんなの当たり前じゃんと思うけど これがなかなか難しいんだよね 
このテの立ち飲みは接客次第というのがよくわかる

 


s1ithvtb ld






天白食堂にて モヤシ炒め ブリ照り焼き 
ご飯大盛りに味噌汁 820円 

ブリ照り焼き 美味しいけど 
これは照り焼きじゃなくて照り煮だなw 




花乃湯にて 花乃湯ランチ 1400円 

かって銭湯を経営していたらいいこの店 
天白のこの界隈では貴重なきちんとした洋食のお店 

ハンバーグにカニコロなこのランチ 
美味しいしこの値段もリーズナブルだと思う 
けどね やっぱわしにはボリュームがいまさんぐらいだなあw 
でも女子の方々には味や雰囲気でおススメだす 









ランチ 1150円 
前菜は鶏レバーとレーズンのムース 
メインは鮮魚のソテーにした 

ベルビアにこの夏オープンした石川亭 
昔神田の本店には行ったことあり 
ここ数年多店舗化を図っていて 
名古屋人にはマメゾンみたいな店舗展開店と言えば理解してくれそうw

さて食べてみる 
前菜はサラダも込みみたいな感じでけっこう食べ応えがある 
レーズンはいいアクセントだ レバーに合うんだなあ 
しかし このレバーはボリュームあり杉 
ワインが欲しくなるよね

メインもこれまたけっこうなボリューム 
この日はイサキのソテーだった 
なんと三切れも出てきた (゚д゚) 
その辺のオサレ系なお店だとせいぜいがんばっても二切れw
美味しいけど イサキには
バジルより普通のあっさりしたホワイトソースの方が好みかな 

いろいろとわがまま言い放題だけど 
銀座でこの価格 なによりこのボリュームはすごい 
なにせあのラミティエを思いだすくらいのレベルだもんね 
ボリュームがあるので味付けをもう少しあっさり系にしてくれとよいなあ






ブロンコビリーにて 
炭焼きやわらかカットステーキとブロンコハンバーグランチ 
サラダバーとドリンクジェラートバーも付けて1680円くらいだけど 
割引券を使って1400円ほど 

最近来る頻度が高くなったブロンコ 
休日の昼間は腹一杯食べたいモードなんだよね 
ブロンコはサラダバーもきちんとした一品料理なので 
これだけ食べててもけっこうお腹が膨らむのだw 

ブロンコハンバーグはまあ普通 
ステーキは硬いのと柔らかいのとまちまちだなあ 
このテのファミレスハンバーグ 
わしの好みでは 
ロイホ>ブロンコのがんこ>>ブロンコハンバーグ>ガストって感じかなあ

ジェラートバーが出来たり
梅干しがテーブルからサラダバーに移ったり 
卓上の塩胡椒がリニューアルしていたり 
ブロンコも来るたびにちょこちょこと変っている 






「あなたからすれば私たち正義超人はこざかしい雑魚どもに見えるのかもしれない
一方のあなたたち完璧超人はいわばそれぞれが大魚だ
だが雑魚の何がいけない?
雑魚より大魚の方が偉いと誰が決めた?」

今週のキン肉マンを読んで
「雑草などという草はない!」という名言を思いだしたでござる



キン肉マンの名言にはこんなののもあったな

「二人というものはいいものだ
楽しい時は2倍楽しめる そして苦しい時は半分で済む」

いかん 
ゆでごときに目から汗が…
山の上ホテル ラヴィにてあさめし 
洋朝食を選択 朝食券使用 

サラダ ジュース トースト 
卵料理にコーヒーか紅茶 
ごく普通のホテルの朝食なんだけど 
ここで食べる朝食はレセゾンと並び独特の雰囲気がある 

レセゾンがきちんと背筋を伸ばして食べる朝食なら 
ここは外面リラックスしつつも 
内面はきちんとして食べなきゃって感じ 
これもホテル全体の醸し出す雰囲気なんだろうね 

サラダ 卵料理ともまるで食堂のサンプルみたいに 
きちんとした外観w 
味はまあ普通だけど 
ベーコンの大きさは特筆モノかな 

こでは和朝食も食べれるんだけど 
ここでご飯に味噌汁というのは 
またまた違った独特の雰囲気なんだろうなあ








一風堂にて 東京太つけ麺大盛り 温玉のせご飯 1240円 

期間限定らしいつけ麺 
どのあたりが東京なのかわからんが 
六厘舎あたりをイメージしてるんじゃないかとなんとなく思える 

お味はおいしい 
さすがに一風堂が出すだけあってハズレない 
麺のもっちり感もよいしチャーシューの複雑な味わいもよし 
これで900円くらいで出されるとだと近場のラーメン屋は恐怖だろうな 

温玉のせご飯はまあこんなもん 
次回は普通のご飯にするべさ






九月ももう終わり近いけど 
やっぱ九月というとこの曲なんだよなあ 



「九月の風」と「見知らぬ街で(Fall On The Avenue )」
この二曲を聴いてるとなんか物悲しい気分になる

「ボーイフレンド」はランクを超越してるけどね ・゚・(つД`)・゚・
レモンサワー 鶏梅和え 鶏そば 2000円ちょい切 
お通しのマカサラっぽいのは無料 

湯島天神下 大喜 
かっては東京一のラーメンと言われたらしい 

ここは基本表の券売機で買う方式 
故にツマミ550円を買ったら店内メニューの550円から品を選ぶシステムなのだ 
なので追加オーダーは表の券売機で買うということなんだけど 
店員さんが手の空いてる時は券を買ってきてくれます 

この日食べた鶏そば 
めちゃくちあっさりでうまいにはうまいけど 
これ一品でメインの食事と言われると
ちょっと食べた感には乏しいかな 
ツマミの梅和えはなかなか美味しくて 
他のツマミへの期待がふくらむ 

大喜
ここのすごいところは 
これほどの人気店なのに多店舗化しての収益増とかには目もくれず 
店主が毎日きちんと店に出ていることだな 
そのせいかどうか 
アルバイトさんもめちゃキビキビと動いていて接客も隙がない 
気持ちよく食べれるお店だすん








大瓶ビールとハムエッグ 値段を失念 でも1000円ちょいのはず 
お通しはお豆さん

萬金 
ジモティ以外でこの名前を聞いてピンと来た人は30代半ば以上確定w 
そう ここはあのロンバケで主要ロケ地となった店なのだ 

わしもおっさんなので当時あのドラマを見ていて 
いつか行ってやるぞーと思っていた 
なんやかやでこの度ようやく来訪 

お なんか店内のレイアウトが当時と変ってる?
んでもって 想像してた以上に普通のお店 
当時は行列ができて大変だったんだろうな 

あの頃から近辺のリーマンさんに愛されてたというのがよくわかる 
この日もテーブルでは6人くらいのグループが
昔のドラマで盛り上がってた (*^_^*) 

ハムエッグはおいしいけど 
決してミシュランに載るような美味しさではない(褒めてる) 
近所にこんな店があったら週に一度は行くだろうというお店 
なぜここがロケ地に選ばれたのかわけわかめ 

と言いつつまたきっと行くであろー






稲穂にて 焼肉定食ご飯大盛り 800円 

ここはランチはないけど 
他店のランチ並みにリーズナブルな定食が夜も食べれる 
焼肉定食は要は肉野菜炒め 
意外や 彩りもキレイで美味しい 

ご飯大盛りにするといきなり量が多くなって 
オカズが足らなくなるのが難といえば難だのう 






お酒を三合飲んで 
ツマミは豚と万願寺の土佐和え ドジョウ唐揚げ 3400円ちょい 

湯島天神下のシンスケ 
ここは20年くらい前なら文句なく東京で1,2を争う店だった
10年ぶりくらいに来たけど何も変わってなくて ホッとする 

ここははっきり言って 
居酒屋として使うには料理が高杉 
なにせタコブツやしめ鯖が1000円以上 
料理の最安価格が600円 
ま それがバリアーとなってるのか 
若者客は皆無なので 
わしみたいなおっさんにはかなりくつろげるお店

しかし反面 お酒はリーズナブル 
両関が本醸造も吟醸も550円
でもってこの両関がなにげにウマイんだからこまったもんだ

わしがもし 今の年収の倍くらいあれば 
ここは通いつめるだろうな










7月に宿泊したけどアップを忘れていた

錦糸町駅前の 東武ホテルレバント東京 
一休で予約 スタンダードツイン 28㎡ 
一人なのでかなり広々 
宿泊料も12000ほどでけっこうお値打ち 
18㎡の部屋だともっとお安い 

このホテル よいところは 

上記の通り宿泊料がお値打ち 
アパやサンルートとそんなに変わらない 

アクセスよし 
錦糸町駅からほぼ直結 
アルカキットを通れば雨の日もほとんそ濡れずにすむ 

スカイツリービューはもちろんよいが 
駅側の鉄道ビューもなかなか 

全ての部屋がそうなのかは知らないが 
枕元にコンセントがあるのはありがたい 
ここにないホテルはっけっこう多いんだよね~














レストランのランチバイキングはいまいちだったけど 
この価格でこの広さでとまれるシティホテルはあんまりないと思うよん
らーめん極にて ドロまぜそば大 850円 ニンニク抜き 

ドロまぜそばとはなんぞや?とオーダー 
要は辛くない台湾まぜそばよゆーか普通のまぜそばだね 
ミンチの代わりにチャーシューの小片が入ってるのは好み 
このまぜそばにもオーダー時にニンニクは入れることは可能なので 
台湾まぜそばっぽい味わいになるかもね 

最初に混ぜ混ぜして麺を食べ終えたら 
残りのツユにご飯投入dってのが一番美味しい食べ方だな 
見た目はゲ○っぽいけどww








ガストにて 日替わりランチ1と生ビール 820円ほど 

ガスとのランチは17時までなので 
お昼を食いっぱぐれたリーマンさんにも強い味方 
そしてこれにハッピーアワーのビールを組み合わせれば 
コスパ抜群のちょい呑みセットとなるw 

ガストの通常メニューはハンバーグとか 
お子様連れファミリーがメインターゲットなのでけっこう甘目なのが難だけど 
卓上の調味料でなんとかしませう 

 







ヒルトップにてりんごパイのセット 1400円ほど 
セットは飲み物が付く アイスティーにした

山の上ホテルにあるレトロなコーヒーハウス 
チェックインまでの時間があったので利用

美味しいかどうかは人によって異なるけど 
わしは美味しいと思う 
ってゆーか
いまどきこんな無骨なアップルパイを出す店はそうそうないと思う 
使っているリンゴも昔ながらの酸っぱいリンゴっぽいし 
アップルパイマニアは(そんな人がいるかどーかはともかく) 
食べてみるとよいと思うだす




らーめん極にて ラーメン並 無料トッピングは野菜マシ ニンニク 背脂 
有料トッピングでチャーシュー3枚 〆て950円 

名古屋でも増えつつある二郎系のお店 
ちなみにラーメン二郎というのは東京にあってカルトな人気を誇る店 
或る人曰く 「二郎<はラーメンではない、二郎という別の食べ物だ」 

基本のラーメンが750円で野菜マシ無料 
さらにご飯食べ放題というある意味本家を超えているw




ピーターラビット展 
東急本店に隣接する文化村にて開催されたので行ってきた 

おっさんなのだがピーターはけっこう好きで食器やバッグも少し持っているw 

会場内に入ってびっくり 
予想はしていたけどほぼ女性(99%くらい) 
それも若い女性じゃなくて わしより年上っぽいお方ばかり 
ピーターはお年を召したご婦人に人気があるんだねえ 

展示物は貴重なものばかりで 
所版本がほぼスマホサイズというのは初めて知った 
会場内は当然撮影禁止なんだけど 
グッズ売り場も会場内というのは 
このテの展覧会にしては珍しい 
つまりチケットを買って入場しないとグッズを買えないのだ 
グッズ売り場を場外にすれば入らない人からの売り上げも見込めるのに 
なんでだろ??











王将植田店にて ウのセットと瓶ビール 1520円ほど 

王将はいちおうチェーン店なんだけど店舗ごとのメニューがかなり違う 
殊にランチやディナーのセットメニューはそれぞれ特色があり 
なかなかおもしろい 

ウという変な名前は ここが植田店なので 
ウ・エ・ダと文字をばらしてそれぞれセット名にしているため 
お味はまあまあなんだけど酢豚に唐揚げはノーサンキューだなあ 








ハンバーグステーキ 280g 1300円

渋谷の人気立ち呑み 富士屋本店が展開する洋食屋さん 
「俺の」や魚金ほどではないけど 
ここも密かに多店舗化に乗り出している

オーダー時に中はレアですけどいいですかと確認されるけど 
鶏肉や豚肉も生で食べれる野生児のわしには無問題w 

ハンバーグはデカいのが出てくるかと思ったら 
二個でてきたw 
さすがに280gを火の通ったレアにするのは難しいんだろな
食べるとそこらのステーキより肉を食べてる感がある
そんでもってすごい重量感 
400~500gくらいのを食べたような食後感 
ご飯を大盛りにしなくてよかった

けっこうな人気店でお客さんが入れかわり立ち代わりやってくる 
わしのような一見さんはおらず 
皆さん近くで働いてる方々のようで 
名札を首から下げてる人が多いなあ 
ジャンルは違えど銀座で言えば三州屋の立ち位置なのかねえ

















1995年4月、北朝鮮・平壌にて38万人を動員した「平和の祭典」
リック・フレアーvsアントニオ猪木  



因みにリック・フレアーは 
アメリカンプロレスの伝説とも言える存在で 
この試合でもお約束のムーブを色々と見せて観客を沸かせている 



北朝鮮 
まあ核実験というのは確かにアカンけど 
なんか納得できない部分もある 

アメリカ ロシア UK フランス 中国 インド パキスタン 
多数の国が核を兵器として持ってるのに 
なんで北やその他の「持たざる」国に 
「核兵器は持っちゃダメ」と言えるのだろーか 
核を持っちゃいけないんだったら まず自分たちが核を廃棄して 
規範を示すべきだと思うんだけどね~ 

それはさておき 
アメリカあたりで核反応を無効化する技術がそろそろ実用化してもよさそうなんだけど 
現実的なのは中性子ビーム?
じゅうじゅうカルビにて カルビステーキランチとドリンクバー 
1160円ほど

ヤマダ電機と同じビルにあるじゅうじゅう 
駐車場が2時間無料になるのはありがたい 

カルビステーキ 一見すると切り分けてあるように見えるけど 
ステーキの名は伊達じゃない 
完全には切り離されていないのであります 
そのまま焼くのもアレなんで 
わしは切り離して食べた なかなかおいしい 

そして食べ放題となるカレー 
前回より格段においしくなっていた(わし基準) 
カレーならではのスパイスは効いてるけどあんまり辛くないタイプ 
そしてさらっとタイプじゃなくてドロッとタイプ(これ重要) 
カレーだけの食べ放題メニューもあればよいのに 








アヴァンティにて ランチA パスタを大盛りにしたので1300円 

最近とんとご無沙汰なアヴァンティ 
毎日でもたべあきないであろうパスタ 
手をかけたサラダと美味しいガーリックトースト
きちんとしたサービス 
わしみたいなおっさんでも浮かない雰囲気 

じゃあ何故ご無沙汰なのかというと 
ランチメニューがいつも一緒なのよね~ 
具材は微妙に異なるとはいえ 
いつもトマトベース ペペロン クリーム リゾット 

夜メニューにあるボンゴレやジェノベーゼを 
値段があがってもいいからランチメニューに加えてほしいのう








わか松にて 大瓶セット 1500円くらい 

ツマミ三点盛りと串カツが付くこのセット 
東京のように選択枝があまりない この近郊では 
かなり有難いセットだす 

ボリュームがあっておいしい串カツ 
これでビールを飲んでると至福の極み 
かってビールに一番合うのは串カツと評した東海林さだお氏 
ここの串カツを食べてると氏の言わんとすることがよくわかる 
ビール→串カツ→ビールの無限ループに陥りそうだw 








絶賛上映中 シン・ゴジラ北米向け予告動画 




皇居もスカイツリーも襲わなかったゴジラが 
はたしてアメリカで受け入れられるかちと不安 
というのはともかく 

日本以上に初代ゴジラオタの多いアメリカで 
受け入れられるのであろーか 

ブロンコビリーにて 炭焼きチキンステーキ ランチ 
サラダバーとドリンクバー 
さらにクーポンのシフォンケーキも付けて 1360円ほど

この日のチキンステーキはなかなかよかった 
しっかり噛み心地もあって鶏肉の旨みがよく出ていた 
日によってはブロイラー感丸だしのふにゃふにゃな鶏肉の時もあるからねえ 

シフォンケーキ 
かなりデカくて味もいいんだけど 
わしとしてはドリンクバー券の方がありがたいなあ 
わがままw 








六本木のおバカな鳩さん 



最初、人にされたのかと思ったら違ったww