ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

大須にある煮干鰮らーめん 圓にて 
煮干らーめん 780円 

店内に入ると漂いまくる煮干の香り 
煮干の香りが苦手な人は入らない方がよいかもw 
八王子にある超有名店の二号店らしい 
しかし 何故名古屋?? 

店名を冠する煮干らーめんを食べてみる 
それほど煮干テイストは感じない 
真っ当な中華そばって感じだなあ 
昨今のいろんなテイストのラーメンとは違って 
昔ながらの「中華そば」 
毎日はともかく週に一度は食べたくなる 

特筆すべきはチャーシューかな 
厚めのでかいのが二枚 
枚数ばかりで
薄っぺらいのを乗せてチャーシュー麺とか言ってる店に
ここのチャーシューを拝ませてやりたいな 




スポンサーサイト
上前津のラペッシュにてランチ 
スープを追加したので 1500円くらいだっけ 

この界隈では一番人気なビストロ と言ってもたぶん異論なないはず 
基本は 前菜とメインと飲み物で1100円 
スープを追加すると320円プラス 
東京の人には高田馬場のラミティエのようなボリュームで
カジュアルにした感じと言うと わかりやすいかも

註文してさて も一度をメニューをと思ったら 
ホール担当のお姐さんに光の速さで持って行かれた 
このお姉さんとにかく行動が速くて無駄がない 
魚三の二階担当のお姐さんを思いだしたw

前菜はサラダに牡蠣のグリルが入ってる 
牡蠣はトマトと合わせても意外とウマイな

スープはブイヤベース 皿がでかいので少なく見えるけど 
けっこうな量がある 
カレー風味の魚のスープ

メインはソーセージと骨付豚肉の煮込み 
ソーセージは普通だけど豚肉が美味しかった

きっと一般女性や少食の方ならきっと満腹になるだろうね 
また来たいけどここは満席度がハンパない 
そして常連さんも多い
次回はいつになることやら






酒津屋東店にて 酒津屋ハイボール 
ツマミはポパイベーコンと茄子着け 1200円くらいだっけ 

栄地下街にある酒津屋東店 すぐ近くには中店もある 
中店は朝から営業だけどこちらはお昼からの模様 

ここで飲んでるとニュー新橋ビルの地下で飲んでるような気分になる 
デジャブ感ありあり 
ほんの少し高めの値段設定とか 
あんまり気合のはいっていなさげなゆる~い料理とか 
なんか似てるんだよねえ 

名古屋では珍しい昼から飲める居酒屋 
近所にも欲しいもんだ






東別院ちかくの麺家喜多楽にて 
鶏油そばと豚丼ミニ 980円 

ブログでは初だけどちょくちょく来ている 
ここは美味しいし雰囲気もいい 
今んとこ名古屋では一番好きなラーメン屋だな 

鶏油そばは麺もタレも美味しいし値段も良心的 
飲んだ後の〆にはもったいなかったかな 

豚丼はちょっとアレだったな 
パサついてて好みじゃなかった






大須の大甚本店にて 瓶ビールと大徳利 
ツマミは茄子煮浸し にこごり イサキ塩焼き  〆て3200円くらい 

大甚はよいのう 
料理がとびっきり美味なわけでも 
メチャクチャ安いわけでもなし 
酒も選び抜いた純米吟醸でもない 
ところがここで飲んで食べるとそんなことどうでもいいやと思える 
つくづく居酒屋は「場」 が大事なんだなあと思う 

完全相席なので(そもそも長テーブルのみなのでそうならざるをえない)
隣り合わせた見知らぬ同士で話が弾みそうだけど 
あんまりそんなことはなくて 
みなさん思い思いにここで飲むひとときを楽しんでいる