ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

東京駅からほぼ5分 
いや信号さえ青なら3分くらいか 
新幹線ぎりぎりまで飲んでいられる 呑うてんき

ハムエッグ 魚肉ソーセージ 
飲んだのはハイボールとレモンハイX2 1600円くらいだっけ 
キャッシュオンデリバリーだといくら使ったのかわからなくなるという罠w 

飲み物は他と一緒で特に変わらないし 
ツマミも手をかけてるととか珍しい一品があるわけでもない 
でも味にうるさいであろー 八重洲や日本橋あたりのリーマンでいつも混んでる 
飲み屋はもちろん味も大事だけど 
それよりも雰囲気とゆーか
店と客の織り成す一体感が大事だと思わせてくれるお店
いーんだよ こーゆーので 居酒屋は






スポンサーサイト
八重洲地下街にある玉乃光酒蔵  
京都の造り酒屋直営らしい 

生中と酒魂の冷酒 
ツマミはカツオ土佐造り 2360円 

土佐造りというのは要はカツオのタタキ 
930円だけどこの立地だとまあこんなもんだろうな 

ここは昔一度入ったことがあったんだけど 
その時はもっと活気があったように思う 
店員さんもただぼーっと立ってるだけの人もいたし 
あんまり酒を飲む雰囲気じゃなかったなあ 




昌月苑にて ミックス定食 950円 

東京駅からすぐのこの八重洲という場所 
日本橋とも接していていろんな飲食店が星の数ほどもある 
この昌月苑はかなりの人気店で 
近くにあるつじ半ほどではないにしろ 
ランチ時には階段に行列ができる 

ミックスはハラミ ロース カルビの盛り合わせ 
これで普通なんだから大盛りはどんなんだろw 

さすがに肉はとろけるくらい柔らかくてサービスも満点 
って訳にはいかないけど 
東京駅から数分でこの値段の焼肉ランチが食べれるのは奇跡かも 

この店のキャラからしてタレは濃厚ご飯に合う合う 
かと思いきや 
かなり繊細な味でご飯よりいろんな酒と共に味わいたいぞ 

なお12時までに入店すれば100円引きなんだけど 
通常価格でもめちゃくちゃお値打ちでがんす 






京橋の伊勢廣本店にて 焼鳥5本定食とビール 2700円くらい 

大正10年創業の老舗焼き鳥店 ここの焼き鳥も食べてみたかったんだよね 
ランチとはいえ本懐を遂げますた 
この日は11時半くらいに来店したんだけどすでにカウンターは満席 
相席の変形テーブルでし 
二階も空いてたけど靴を脱ぐのが面倒なのでここでいいや 

焼鳥定食は丼と違い焼きあがった串からやってくる 
なので まずはお皿がセッティン 
丼より提供スピードはかなり遅いから 
勤め人のランチには向かないね 

焼鳥はさすがに美味しい そして肉々しい 
普段食べてるコンビにや鳥貴族のとは別種の食べ物って感じ 

つくね ササミ ネギマ 砂肝 ネギ巻 
砂肝だけは普通っぽかったかな
お隣が5本丼だったんだけど 
こちらには皮も入っていたから丼の方がよかったかもね 












5丼~ 4丼~とかいう言い方なんか好き
富士そば八重洲口店にて カツカレー丼 570円 

名古屋人にはなじみがないであろー 立ち食いそばチェーン 
とにかく都内のJR駅周辺には必ずあるといってよい 
座れる店舗もあって この八重洲口店は座れる 

カツカレー丼 なんか食べかけみたいだけど 
こんな感じだす 
カレーの上にカツ丼のアタマがのっている 

ゲテモノ風だけど食べてみるとなかなか美味しい 
カレーが辛くない蕎麦屋のカレーというのがよいね 
ボリュームもそこそこあり 余は満足じゃ 

ここはどの店もお昼時もリーマンさんたちでごったがえしてる 
夜はちょい呑みできる店舗もあるらしいから行ってみなければ 
しかしよく考えてみると 
名古屋にはこーいった立ち食いソバのチェーン店ってないよね? 
わしが知らんだけかしらん