ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

グランドパレスのカトレアにて朝食バイキング 2700円 

九段下のホテルグランドパレス 
丸の内のパレスホテルと同じ系列 
かってパレスホテルが改装前 
出張で利用時に 
パレスは部長 グランドパレスは課長が使うと言われていたww 
言いえて妙 
でも今のパレスは部長じゃ無理だね 取締役以上のホテルって感じ

さて朝食バイキング ラインナップはまあ普通 
ちと高いかなあという印象 
でもホットケーキの実演があるのは珍しい 
ひと口サイズのチーズもあった 

おっさんなのでパンケーキと言わずについホットケーキと言ってしまうw 
さすがに老舗というべきか人員は十分配置されていて 
サービスにはまったく不満はなかったなあ








スポンサーサイト
シェラトンクラブ 
横浜ベイシェラトンに今春オープンしたクラブラウンジ 

以前の形ばかりのラウンジとは違い 
広さもサービス内容も段違い

広さに関して言えば以前の3倍以上は優にある 
席もテーブル席とカウンター席がありゆったりとしている 
ただしカウンター席にはきのこの山みたいな照明があって 
ちょっと邪魔くさいw 
たぶん陽が落ちてからのムーディーな照明を狙ったんだろうな

フードはけっこう充実している 
むろんリッツ東京のようにラウンジ滞在者をブロイラーにするほどの種類はないけど 
シャングリラ東京やパレスホテルにさほど劣らないレベルは準備されている 
飲み物はセルフなので味気ないと取るか気軽でいいと取るかは人次第 

わしはこのラウンジ けっこう気に入った 
実際のんびりと過ごせたし 
スタッフさんも必要以上に干渉せず
なんとゆーかラウンジ利用者を信頼してる感じ 

東京都内ホテルののクラブフロアは相変わらずインフレ価格だけど 
横浜シェラトンは改装しても比較的利用しやすい価格なのはうれしいでし











東京ドームホテル3階にあるバイキングレストラン 
予約サイトで3000円 ワンドリンク付 

二度目のリラッサ 一年ぶりくらいか 
相変らず料理は多いが人も多い 
ランチなので目玉と言える料理はないけどどれもおいしい 
ソフトドリンクはドリンクバーなのはありがたいね 

窓側は予約済だったけど 
これからの季節 窓側は暑そうだの

このリラッサ 料理の種類と味 サービス コスパ 
これらをトータルすると帝国ホテルのサールより好みだな 
まあ あそこのような独特の雰囲気はないけど 
ほぼ半額だもんなあ

この日は障害者の方たちが団体でいて 
その介護の人たちもいたのでかなり混んでる感はあったけど 
料理の補充や食べ終わった皿の上げ下げは問題なし 
当たり前かもしれないけどこれのできてないところはちらほらあるんだよね 









貧乏性なのでついつい取りすぎてしまう 
そして盛り付けのセンスがあいかわらずなしなし(涙
ホテルグランドヒル市ヶ谷での朝食 
本来はティーラウンジが会場なのだが客数に応じて 
ラウンジ左側のサルビアも開放してるっぽい 
わしはサリビアのエリアにした 
バイキングゾーンからは遠いけど 
静かに落ち着いて食事できる

食事中の札をくれるので 
食事を終えた後はひっくり返しておけばよし

朝食付プランでの利用 本来は1200円みたい 
まあ高級外資系や
帝国ホテルやニューオータニと比べるのは酷というもので 
1200円でこの内容のバイキングなら十分ではなかろうか 
洋メニュはともかく和風メニューは外資系にないものもいろいろ 
そぼろをまぶした芋 明太子(これがない外資系は意外と多い) 

特筆すべきは客層かな 
お若いカップルさんは一組だけ 
あとはわしより高齢と見受けられるご夫妻 
あとはリーマンお一人様ばかり 
たまたまなのか カップルさんがここまでいないホテルも珍しいな








昨年末に宿泊した銀座1丁目にあるロイネット ようやくアップ 

ジュニアスイートダブル 50平米ほど 
このクラスのビジホで50平米というとかなり広いと思いがち 
しかし実際は部屋の真ん中にある仕切り壁のために広々感はない 
窓辺がなんか変形してるので室内はなんか暗いな

ベッドの反対側のゾーン 
いちおう居間スペースのはずなんだけど 
ソファもないしなんか殺風景でほとんど機能してないような希ガス 

洗い場付き風呂はとても広い 
バスタブは普通だけど洗い場スペースがかなり広くとってある 
やっぱ日本人はこのテの風呂が一番だ 

新しめのビジホなので枕元のコンセント 携帯充電器 
加湿器 ズボンプレッサーはひととおり揃っている  

次回は普通の部屋にしよう 
しかし銀座のこの辺りは 
モントレが二つにメルキュール そして新たにこのロイネット 
オサレ系ビジホ密集地帯になってきたなあ