ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

ホテルグランドヒル市ヶ谷での朝食 
本来はティーラウンジが会場なのだが客数に応じて 
ラウンジ左側のサルビアも開放してるっぽい 
わしはサリビアのエリアにした 
バイキングゾーンからは遠いけど 
静かに落ち着いて食事できる

食事中の札をくれるので 
食事を終えた後はひっくり返しておけばよし

朝食付プランでの利用 本来は1200円みたい 
まあ高級外資系や
帝国ホテルやニューオータニと比べるのは酷というもので 
1200円でこの内容のバイキングなら十分ではなかろうか 
洋メニュはともかく和風メニューは外資系にないものもいろいろ 
そぼろをまぶした芋 明太子(これがない外資系は意外と多い) 

特筆すべきは客層かな 
お若いカップルさんは一組だけ 
あとはわしより高齢と見受けられるご夫妻 
あとはリーマンお一人様ばかり 
たまたまなのか カップルさんがここまでいないホテルも珍しいな








スポンサーサイト
昨年末に宿泊した銀座1丁目にあるロイネット ようやくアップ 

ジュニアスイートダブル 50平米ほど 
このクラスのビジホで50平米というとかなり広いと思いがち 
しかし実際は部屋の真ん中にある仕切り壁のために広々感はない 
窓辺がなんか変形してるので室内はなんか暗いな

ベッドの反対側のゾーン 
いちおう居間スペースのはずなんだけど 
ソファもないしなんか殺風景でほとんど機能してないような希ガス 

洗い場付き風呂はとても広い 
バスタブは普通だけど洗い場スペースがかなり広くとってある 
やっぱ日本人はこのテの風呂が一番だ 

新しめのビジホなので枕元のコンセント 携帯充電器 
加湿器 ズボンプレッサーはひととおり揃っている  

次回は普通の部屋にしよう 
しかし銀座のこの辺りは 
モントレが二つにメルキュール そして新たにこのロイネット 
オサレ系ビジホ密集地帯になってきたなあ










昨秋泊まった新宿プリンス アップを忘れてた 

30平米のツインB 一人なのでそこそこ広く感じる       
がそれには罠があって 
なんとこの部屋クローゼットがない 
じゃあ服をどこに掛けるのかとゆーと 鏡の裏w 
当然だけどスペースは狭い 

狭いと言えばバスタブも狭い 
なにせ足が延ばせない 
わが家のバスタブの方が広くて深いぞw 
バスルーム自体はそこそこなスペースなんだけど 
洗い場付きバスのような作りなのに実はそうではない 
無駄な空間が多いんだよねえ 


でもそんな欠点を補って余りある美点がこのホテルにはある 
それはなにかとゆーと 
チェックインがなんと13時(驚 

昨今いろんなホテルがインが14時から15時になりつつあり 
予約サイトからだと16時とか17時とか 
ふざけたチェックイン時間も主流になっている 
13時というのは素晴らしい 
これだけでほとんどの不満は消えちゃうよね

















飲んできたんだけど小腹が空いたのでこちらへ 
ニューオータニメイン ロビー階にあるサツキ 
ブラックハヤシライス 税サ込で3300円くらい 

運ばれてきたハヤシライス 
お味はともかくやたら具沢山 
それもお肉がやたらたくさん入っている 
普通ハヤシライスのお肉って小間切れみたいなのを連想するけど 
ここのは厚切りの焼肉みたいなのが入りまくりw 
お肉は多分アメかオージーなんだろうけど 
ソースと合っててやたら美味しい 
これハヤシライスじゃなくハヤシだけで 
飲み向けの単品メニューにしてももいいんジャマイカ

ニューオータニのメイン階なるこのサツキ 
帝国ホテルだとパークサイドダイナーみたいな位置づけかと思いきや 
スタッフの皆さんの感じはラブラセリーみたいだし 
朝食メニューに最強の朝食 5000円というんもあるし 
立ち位置がよくわからないレストランだのう 





a href="http://buhibuhi2734.blog.fc2.com/img/sa3300uuuylkj.jpg/" target="_blank">


コンラッド東京 エクゼクティブラウンジにて朝食 

上層階のラウンジが改装中なので(1月中旬時点) 
フロン階にラウンジが仮営業している 
仮りとはいえそんな雰囲気はまるでない 
きちんとした設えのラウンジになっている 
チェックインアウトはさすがに出来ない模様 

朝食はひと通りのものがそろっていた 
エッグステーションもあるのだが 
わしが行った時は料理人が誰もいなかった