ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

フォーシーズンズホテル丸の内東京 7Fにあるレストラン
モチーフにてランチ 予約サイトからで 5000円ほど 

内容はワンドリンク 前菜とデザートがブッフェ 
季節の野菜とメインって内容 

ブッフェはさすがにどれも手が込んでて美味しい 
自分では絶対に作れないやって料理ばかりだ 
鱒のソテー?と玉ネギのローストが特によかった 
鱒とか鮭なんて火を通したらパサパサになる魚なのに 
しっとりと焼きあがってるのはすごい 
玉ネギもクーリを思いださせる味と甘味ですた

ホテルの格って奴なのか 
みなさん落ち着いて料理うを取っている 
品川プリンスとはえらい違いだw

ただし料理は少な目 
帝国ホテルのサールやドームホテルのリラッサの半分以下 
デザートもバーカウンターが置き場所なのであんまり種類はない 
たくさんの料理から選びたいって人には不向きかも 
もっともこれくらいの種類だと全種類無理なく制覇できるけどね

季節の野菜料理はズッキーニのフリット 
花の部分まで揚げてあって
中にはクリームチーズ 
ブッフェとメインの間にこんな一品があるのは珍しい 

メインは豚肩ロース 
普通こーゆーオサレホテルだとボリュームは望めないんだけど 
なんかドーンと来た 
味はシンプルな塩胡椒 でも食べ応えはあったな 

けっこう食べてほぼ満腹になったのに 
二時間くらいたったらなんか小腹が空いてきた 
普通の食べ放題だとそんなことありえないんだけど 
食材が吟味されてて消化がいいってことなのかなあ













ところでこのホテル
東京駅から近いとはいえ炎天下歩くのはなあと思い 
八重洲地下街からできるだけ地下で行こうとしたら 
なんとこのホテルの地下まで行けるんだね 
田舎者なので初めて知ったわ 
しかも7Fまでエレベーターもあって 
ほぼ東京駅直結といってもおかしくないな

しかしFS丸の内東京 
「用のない人は入ってこないでね感」は
アマン東京と双璧だなw


スポンサーサイト
中に入ると 純にデザート 冷菜 温菜のブッフェ台が並び 
一番奥にカウンター形式にパンとアクションコーナー 

席は中央部広間と左右すこし上がったところに あと個室 
左右の席が圧倒的にゆとりがあったな 
きっと中央部はわしのように予約サイトの客で
左右は宿泊客や正規の値段で食べる客だと思われ

11時入店して1時間くらいはデザートと冷菜以外は大混雑 
ここは難民キャンプの配給かよと思うくらい混んでた 
なにせドリンクバーまで行列ww 
ドリンクバーは二か所あるんだけど右側は目立たないせいか空いていたなあ

さて料理だけど 特筆すべきものはなかったな 
ローストビーフも硬くていまいちだし 
其の他料理もとても4000円クラスのバイキングとは思えない 
ただケーキ類の陳列がケーキ屋さんみたいでおもしろかった 
あと蟹もそこそこ身がつまってて食べ応えあり 
コーヒーもドリンクバーなのになぜか大変おいしかった WHY?

サービスはいまふたつくらい
基本席に案内し終わると 
人員が絶対的に不足している感じで 
空いた皿を下げるのもままならないので 
どのテーブルにも空き皿が多数 

といううわけで再訪はないねえ 
今回一休ポイントを4000円分使ったので 
1人頭2000円くらいで済んだけど 
使ってなかったら不満と後悔だった希ガス 
とはいえ都内最大級のブッフェ 
話しの種に一度は体験するのもよいかも










品川プリンスホテルのハプナ 
都内最大級のバイキングらしい 
行ってみたでござる 

入場前に専用カウンターで受付 
この専用カウンター自体がちょっとしたホテルのフロント並なのだ 

そしてその後さらに行列 
いや 最初ホテルに入った時 なんか人が多いと思ったんだけど 
その方々はハプナの受付をすませて待っている人たちですたww 









グランドパレスのカトレアにて朝食バイキング 2700円 

九段下のホテルグランドパレス 
丸の内のパレスホテルと同じ系列 
かってパレスホテルが改装前 
出張で利用時に 
パレスは部長 グランドパレスは課長が使うと言われていたww 
言いえて妙 
でも今のパレスは部長じゃ無理だね 取締役以上のホテルって感じ

さて朝食バイキング ラインナップはまあ普通 
ちと高いかなあという印象 
でもホットケーキの実演があるのは珍しい 
ひと口サイズのチーズもあった 

おっさんなのでパンケーキと言わずについホットケーキと言ってしまうw 
さすがに老舗というべきか人員は十分配置されていて 
サービスにはまったく不満はなかったなあ








シェラトンクラブ 
横浜ベイシェラトンに今春オープンしたクラブラウンジ 

以前の形ばかりのラウンジとは違い 
広さもサービス内容も段違い

広さに関して言えば以前の3倍以上は優にある 
席もテーブル席とカウンター席がありゆったりとしている 
ただしカウンター席にはきのこの山みたいな照明があって 
ちょっと邪魔くさいw 
たぶん陽が落ちてからのムーディーな照明を狙ったんだろうな

フードはけっこう充実している 
むろんリッツ東京のようにラウンジ滞在者をブロイラーにするほどの種類はないけど 
シャングリラ東京やパレスホテルにさほど劣らないレベルは準備されている 
飲み物はセルフなので味気ないと取るか気軽でいいと取るかは人次第 

わしはこのラウンジ けっこう気に入った 
実際のんびりと過ごせたし 
スタッフさんも必要以上に干渉せず
なんとゆーかラウンジ利用者を信頼してる感じ 

東京都内ホテルののクラブフロアは相変わらずインフレ価格だけど 
横浜シェラトンは改装しても比較的利用しやすい価格なのはうれしいでし