ぶひ日記Ⅲ

食い物主体の日々な雑感  

飯田橋とゆーか神楽坂ですな 
この界隈ではたぶん一番人気なお店 
並ロースカツ定食 1500円ちょい切り 

トンカツ 名古屋にもあさくらとか百年亭とか 
いろんな人気店があるんだけど 
ここのトンカツはなんか次元が違う 
これをトンカツと言うのなら 
わしが今まで食べてきたのはなんだったんだろう 
決してあさくらや百年亭が美味しくないわけじゃなくて
ここのトンカツはトンカツじゃない別の食べ物だな 

トンカツ好きさんは食べてく悔いなしな店だけど 
ネックは提供までに時間がかかるってことだね 
わしは席についてほぼ40分くらい待った 
ネットで見ると1時間くらい待ちもありありらしい







しかし神楽坂 
日本橋でチョー人気のつじ半が同じ建物の一階にあるんだけど 
13時くらいで全く行列がない 
つじ半ファンにとっては狙い目か 
とも思ったけど 
つじ半の公式ホムペには記載されてないからフランチャイズ 
あるいは名前貸しの店なのかも
スポンサーサイト
池袋駅すぐ 大都会 24時間営業の食券制居酒屋 
ほろ酔いセット 追加で酎ハイとコロッケ 1000円ほど 

名前はほろ酔いセットだけど24時間オーダー可みたい 
なにせこの店 セットメニューやら飲み物まとめて購入の食券がやたら多い 
食券販売機は基本的に飲み物とツマミで分かれてるんだけど 
組み合わせメニューが多いので何にするかついつい考え込んでしまうw

座る席番を告げ食券を渡してオーダー完了 
あとは席まで持って来てくれる 
酒はともかくツマミはまあ並だけど 
早朝からこんなところで一杯やるのもなんかいいねえ 

ところでこの店 食券制だから当たり前なんだけど 
店内に 従業員との金銭のやりとりはかたくお断りしますとの
旨の貼り紙がある 
過去に何かトラブルでもあったんかいな 










神楽坂の龍公亭にて カレーライスとビール 1650円だったかな 

創業明治22年というチョー老舗の中華料理店 
だけど外観はまったくそんな感じがなくて 
中に入ってもオープンキッチンっぽい作りで今風 
8年ほど前に改装したらしいんだけど改装前はどんなお店だったのかしらん 

さーてカレー パッと見は全然カレーじゃなくて中華丼みたい 
食べてみると 
うん これはカレー風味の中華丼だね
この手があったかという感じでなかなか美味しい 
スパイスがどーたらこーたら言う最近のカレーと違い 
なんか懐かしい味わいですた 










エビとんこつつけ麺と緑茶ハイ 870円 

エビとんこつつけ麺 辛いけどウマイ 
この値段だから海老のエキスを使ってるんだろうけど 
わしのような庶民にはわかりやすくてよいよい 
辛いんだけどつけ汁を飲み干したい衝動にかられる

東京に来る度に思うのは日高屋のありがたさ 
ラーメンと餃子と生中 これで千円でおつりがくるというコンセプト 
実際このトリオを頼んだことはないんだけど 
毎日の帰路にこんな店があったら入っちゃうよねえ 
そしてついつい飲み物やツマミを追加してしまうというパターンがありありw 

近所の平針王将には
ビール おつまみ三品 餃子のちょい呑みセットがあって 
呑み助のスターターとしてはいいんだけど 
ここみたいにラーメン入れた呑みセットもあればウケるかも 
ちなみに幸楽苑だとラーメンと餃子と生中で1100円を超えちゃうから 
勝負にならないよなあ






羽田空港の南国酒家にて ランチBセット 1800円(税抜) 

名古屋だと東急ホテルの中華ということもあって 
ちょっと高級中華なイメージなんだけど 
東京神奈川だとこの空港店のように 
いろんなところに出店していて 
けっこう使い勝手のよい中華という立ち位置だね 

エビチリの海老 焼売 杏仁豆腐 
さすがにわしがいつも食べる千円以下クラスの店と違って 
味付けはともかく素材が一段上だなあ

サービスもまず合格点で気持ちよく食事ができる 
空港内なのでショバ代が高いということを考えると 
けっこうお値打ちなランチよような気がしまする 










ちなみに空港と言っても飛行機に乗ったわけではなく 
田舎者なので単にターミナルを見に行っただけずらw 
そしてどこか田舎なイメージの京急 
空港ターミナル駅だけはやたらオサレで 
ここは東急の渋谷駅かと思っていまいますたww